鹿児島県の警備会社【九州パトロール】 監視カメラから防犯機材など企業から一般家庭まで、安心安全に関わる事なら何でもご相談ください。

警備料金表

株式会社 九州パトロール

基本警備単価 1勤務 警備員1名の場合

◎日勤業務(月曜日~日曜日) 8:00~17:00までの時間帯の勤務

交通誘導・雑踏警備業務 イベント・駐車場警備業務
交通誘導員A 18,000円/人 ~ ※イベント警備 20,000円/人 ~
雑踏警備員
交通誘導員B 15,000円/人 ~ ※駐車場警備 20,000円/人 ~
※交通誘導員A・雑踏警備員は有資格者
※業務内容・時間等警備料金が変わりますのでお問合せ下さい。

◎夜勤業務(月曜日~日曜日) 22:00~翌6:00までの時間帯の勤務

交通誘導・雑踏警備業務 イベント・駐車場警備業務
交通誘導員A 22,500円/人 ~ ※イベント警備 25,000円/人 ~
雑踏警備員
交通誘導員B 18,750円/人 ~ ※駐車場警備 25,000円/人 ~
※交通誘導員A・雑踏警備員は有資格者
※業務内容・時間等警備料金が変わりますのでお問合せ下さい。
警備料金表.pdf

※上記金額は基本料金(税別)です。特例を除き、極端な追加料金はございません。
※交通誘導・イベント警備につきましては9時間拘束実働8時間労働の金額とさせていただいております。
※ただし、警備内容、ご利用人数、ご利用期間、派遣場所により変動いたします。

<追加料金の例として>
・公安委員会指定の道路に交通誘導検定警備員を配置させていただく場合。
(各都道府県の公安委員会が指定する国道及び県道での交通誘導警備では、
交通誘導検定資格者を配置させる事が警備業法で義務付けられております。)
・前日17時以降の現場キャンセルにつきましては、当日ご請求分の30%をお支払い願います。
・当日、警備員の現場到着後のキャンセルにつきましては。当日ご請求分の50%をお支払い願います。
・当日現場実施後のキャンセルにつきましては、当日ご請求分の100%をお支払い願います。

警備計画と見積り(無料)の段階でお客様と警備内容と料金について、十分な打合せの後、
ご納得いただける内容と料金設定をさせていただきます。
その他のご要望についてはご相談に応じさせていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。

◎平成29年度 公共工事設計労務単価(基準額)

公共工事設計労務単価は、公共工事の工事費の積算に用いるためのものである。
(括弧内):公共工事設計労務単価+必要経費(法定福利費の事業主負担額、労務管理費、宿舎費等)(参考値)

  交通誘導員A 交通誘導員B
鹿児島県 12,100(17,000) 10,300(14,500)
区    分 定    義
交通誘導員A 警備業者の警備員(警備業法第2条第4項に規定する警備員をいう)で、交通誘導警備業務(警備員等の検定等に関する規則第1条第4号に規定する交通誘導警備業務をいう)に従事する交通誘導警備業務に係る1級検定合格警備員又は2級検定合格警備員
交通誘導員B 警備業者の警備員で、交通誘導員A以外の交通の誘導に従事する者

◎警備料金の根拠

労務費(賃金) 100%
(労働者が負担する保険料を含む)
 
その他人件費 41% 福利厚生費等 23%
(法定福利費、労務管理費等)
現場作業における経費 18%
(安全管理費、宿舎費、送迎費 他)

注) 労務費(賃金)及び法定福利費は、実際の施工に技能労働者を雇用する建設企業が負担する費用である。 国土交通省が行う間接工事費など諸経費動向調査より、共通仮設費や環境管理費に含まれている建設労働者の法定福利費、労務管理費、安全管理費等を合計。
(一般社員にかかる経費など直接的に関係しない会社経費は含まれていない)
※一般管理費は含まれていない

平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価について(国土交通省)